2020.02.16

研修報告

吸引研修中に生徒さん2人に手洗いチェッカー使用

吸引研修中に生徒さん2人に手洗いチェッカー使用

普通に手洗いした後のチェック

吸引研修受講生に手洗いがどの程度できているか、専用の検査キットを使って調べてみました。
去年12月8日二人とも全体に、手洗いがきちんとできていませんでした。1人の女性の手はがさがさでしたので、ベビーオイルを渡しました。
仕事中に何度も手洗いをすることで手はがさがさになるのが常です。

彼女は手洗い後保湿クリームを使用してないと話していたので、ベビーオイルを使用でがさがさは改善すると私は考えました。

1週間後の彼女の手はすべすべ。
見てと手を差し伸べ満面の笑みを浮かべていて、私の心もほっこり!

 

 

その1か月後に再度手洗い確認をしました。残念なことに手洗いは完全にできていませんでした。

手洗いの方法というより、手の角質によるのではないかと考えてて、ピーリングジェルを用意していました。

彼女たちにそれで手の角質を取ってもらってから、再度手洗いをしてもらいました。少し改善はみられたが完璧ではなく、どうしたもんだろうと3人で立ちすくんでいたところ、彼女は先生アルコールでしてみますと言う。
するとずいぶん綺麗。

やったーと彼女は大喜び。

ピーリングゲルはそれほど影響はしない、やはり基本的な手洗いとそのあとでのアルコール消毒の2重が最強ではないかと推察されます。

新型コロナウイルス対策としても、手洗い対策が叫ばれているので、介護、看護などの職種以外の方も参考にしていただければ幸いです。

ちなみに、次回はもう一人の受講生の彼の行動を報告します。
彼の行動も有効でした。

私は使い捨て手袋を着用しながらの手洗いをしての結果を報告します。
尚、検査キットは手洗いチェッカーといい神戸市は区役所の保健部で無料貸し出しされます。神戸市在住者以外には貸し出しができないと言われ、ネットで中古を探し使用しました

 

 

 

  • カテゴリー